成田 七海/なりた ななみ Cello

東京藝術大学音楽学部附属音楽高校を経て

東京藝術大学卒業後、

国際ロータリー第2770地区財団奨学生としてウィーンに留学。

国内外のマスタークラスにて、堤剛、

ヴォルフガング・ベッチャー、タマーシュ・ヴァルガ、

フィリップ・ミュレール各氏の指導を受ける。

これまでにチェロを羽川真介、河野文昭、上森祥平、

藤森亮一、フランツ・バルトロメイ各氏に師事。

室内楽を松原勝也、市坪俊彦、川崎和憲、花崎薫、

山本裕康、東誠三、江口玲各氏に師事。

2017年チョン・ミョンフン指揮 アジア・フィルハーモニー管弦楽団韓国ツアー参加。

2018年ラ・フォル・ジュルネ エリアコンサート出演。

日本を拠点にオーケストラや室内楽、レコーディング

などの活動を行う傍ら、

東京藝術大学社会連携センター助手。

​さいたま市出身、藤沢市在住。

Nanami Narita earned bachelor’s degrees from Tokyo University of the Arts.

She received  scholarship from Rotary foundation, and studied with Vienna Philharmonic's principal cellist  Franz Bartolomey in Wien.
She gave various concerts with a lot of great musicians.
In 2017 she was one of members of Asia Philharmonic Orchestra led by Myung-Whun Chung,so she joined the Korean Concert Tour.
In 2018 she participated in La Folle Journée au japon,so she held a recital.
She is also recognized as a Research Associate of Tokyo University of the Arts.

 

© 2018 by Nanami Narita

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now