検索
  • Nanami Narita

18/7/29 戦没学生のメッセージ

昨年も出演させていただいた演奏会が、今年も開催されます。

プロジェクトの趣旨、演奏される楽曲ともに素晴らしいものだと感じており、演奏できることを嬉しく思います。


開催日時:2018年7月29日(日)14時開演 (13時30分開場)

開催場所:東京藝術大学奏楽堂

主催者:東京藝術大学演奏藝術センター、東京藝術大学

内容:主に戦没学生の音楽作品の演奏会および戦時下の芸術をテーマとしたパネル展示

♦第1部 戦没学生のメッセージ~歌曲・ピアノ曲・室内楽

葛原 守《かなしひものよ》

鬼頭恭一《無題(アレグレット イ短調)》

村野弘二《小兎のうた》(島崎藤村詩)

信時 潔《蘭花の頌》(白鳥省吾詩)

下總皖一《箏独奏のためのソナタ》他

♦第2部 教師と生徒~オーケストラ 

橋本國彦《をみなら起ちぬ》(深尾須磨子詩)

草川 宏《昭南島入城祝歌》(佐藤惣之助詩/高橋宏治編曲)

出演:金持亜実(ソプラノ)、永井和子、山下裕賀(メゾソプラノ)他

指揮:小鍛冶邦隆/東京藝術大学学生・卒業生有志オーケストラ&コーラス


くわしくはこちら


最新記事

すべて表示

久しぶりの更新になってしまいました。 5月の演奏会について振り返りたいと思います。 5月は、ピアニストの青山夏実さんのご自宅のサロンで、サロンコンサートを行いました。 私はシューベルトのアルペジォーネソナタを演奏いたしました。 ヴァイオリニストのツェラー・モニカさんもご一緒して、シューベルトのノットゥルノも演奏いたしました。 アルペジォーネソナタ、とても美しいので大好きなのですが、これまで人前で演

中川大志さんがナレーションを担当する現在放映中のプラネタリウム番組『Night Flower ~星ふる島の一夜花~』の音楽に関わらせていただきました。 https://planetarium.konicaminolta.jp/program/night_flower/ また、主題歌も公開されております。 ぜひご覧ください!

ヴァージャ・アザラシヴィリはジョージアで1936年に生を受け、今でも活躍中の作曲家である。 戦後“ソビエト現代音楽”の発展に尽くした作曲家だが、その作風は普遍的な魅力にあふれていて、特にコーカサス民謡とグルジア民謡に基づいた郷愁を誘うメロディは、ジョージア国内に留まらず世界中で愛されている。 アザラシヴィリが作曲活動を開始した頃のジョージアは、グルジア・ソビエト社会主義共和国(グルジア共和国)とし