検索
  • Nanami Narita

水樹奈々さんLive終演!

NANA MIZUKI LIVE GRACE 2019が昨日終演しました。

私はオーケストラの一員として共演したのですが、今まで経験したことのない会場の空気、3時間以上に及ぶライブを全力で駆け抜ける水樹奈々さんのエネルギー、めまぐるしく切り替わる楽曲、どれも刺激的で充実したライブでした。楽しかったなあ。

さいたま市出身の私は、成人式の会場がさいたまスーパーアリーナでした。



ただ、成人式の日に私は演奏の本番があったので残念ながら参加することができず、

後日SNSに上がる友人たちの晴れ姿を見ながら「いつか演奏家としてアリーナに行くから良いもん!」と拗ねて(?)いたのを覚えています。

奇しくも今回のライブには小中学校の同級生も両日来ていて、私が演奏することをとても喜んでくれました。

とても大きな会場の暗闇に光るサイリウムの数々は、ふと気が緩むと満天の夜空のように果てがなく吸い込まれていきそうでしたが、そのどれかが私の知っている人や、Twitterで応援してくれた人だと思うと、その連鎖からどんどん世界が広がっていく心地がしました。

奈々さんの立っている場所の近くから見える景色はとても美しかったです。

たくさんの楽曲に追われていたらもう1月も後半に!今週は本番がないので楽器のメンテナンスや打ち合わせをしながら過ごします。

よく、SNSで女性が「今日はメンテナンスDay♪」なんて書いて美容院やネイルの写真を載せているけれど、私のイメージするメンテナンスDayは楽器の調整や車のタイヤの空気圧のチェック...。指板がすり減ってきたのを調整して、弦の新しいセッティングに合わせて魂柱とか調整してもらおうっと。

どんどん空気が乾燥し、楽器にも人体にも過酷な時期ですが、元気に過ごしたいと思います。

最新記事

すべて表示

中川大志さんがナレーションを担当する現在放映中のプラネタリウム番組『Night Flower ~星ふる島の一夜花~』の音楽に関わらせていただきました。 https://planetarium.konicaminolta.jp/program/night_flower/ また、主題歌も公開されております。 ぜひご覧ください!

ヴァージャ・アザラシヴィリはジョージアで1936年に生を受け、今でも活躍中の作曲家である。 戦後“ソビエト現代音楽”の発展に尽くした作曲家だが、その作風は普遍的な魅力にあふれていて、特にコーカサス民謡とグルジア民謡に基づいた郷愁を誘うメロディは、ジョージア国内に留まらず世界中で愛されている。 アザラシヴィリが作曲活動を開始した頃のジョージアは、グルジア・ソビエト社会主義共和国(グルジア共和国)とし

つんてっとのミニライブを行います。 2018年ぶりです! チケットは9/15に販売開始予定です。 Tsuntet -Mini Live- 2021年10月16日(土) 第1回 公演11:00開演(12:00終演) 第2回 公演14:00開演(15:00終演) (リンクからチケット購入サイトへ飛びます)。 ※各公演30分前開場 場所 : 横浜市イギリス館ホール 〒231-0862 横浜市中区山手町1